治療薬とその効果

治療薬とその効果についてwww.aohballandbee.org

健康寿命を目指すために必要な自助努力と医療と薬の上手な使い方を考える

日本人の平均寿命は女性が世界一、男性も常に上位に入っています。
そういう意味で日本はとても健康的な国と言えるでしょう。アフターピル値段

 

しかしここにはひとつ盲点があります。
それはこの平均寿命が必ずしも「病気なし、介護なしの状態で生活できている寿命ではない」ということです。アフターピル値段

 

もちろん年齢を重ねれば誰しも病気に罹りやすくなりますし、若い頃と比べてちょっとしたことで怪我をすることも増えます。
しかしそれを差し引いても、現在のように何かあるとすぐに薬に頼る医療の在り方には個人的に危惧感を抱いているのです。アフターピル通販

 

私自身既に50代半ばを過ぎ、60代までそう時間がなくなりました。
自分自身の問題としてこのことは重大であると感じています。

 

ただし、現代医療の発展ぶりとそのことでたくさんの尊い命が救われてきた、そしてこれから先も救われていくであろうという事実には変わりありません。
感染症に対する効果的な薬や外科的手術など、それらの処方やスキルがなければ今頃はもうこの世にいないと感謝している人達は数知れないはずです。

 

でも、それと同時に考えなければならないのは、この先日本はおそらく人口が先細りしていくだろうということ、それとは反比例して老齢人口はどんどん増加していくだろうということです。
するとどうなるか。今も既に問題になっていますが、健康保険がこれまで同様に機能しなくなる恐れがあるということです。

 

このまま老齢人口が増え続け、健康保険を下支えする若い人達が減って行くとすれば、今のままのように安易に薬に頼る姿勢を考え直す必要があるのではないでしょうか。
私も含め、熟年世代、その先の世代の人達がこころがけるべきは、この先なるべく長く自分自身の足で立ち、自分の面倒をみることができる体と心を作る事。

 

気づいた人からなるべく早めにその対策を始めることが必要だと私は思います。
具体的には、毎日の食事内容に気を配る事、そして定期的に運動をすること。この二つは現在病気をしていなければすぐにでも実行可能です。

 

そうはいってもどんなに気をつけていても病気は怪我をすることはあるでしょう。
そんな時にはしっかりと医療のお世話になり、薬も必要なものは飲みましょう。

 

薬は弱った人にとって「杖」の役目を果たします。
でも、前述したような食事への配慮と運動を持続して続けていると、自己治癒力が何もしない時よりは必ずアップしていますので、じきにその杖は必要がなくなるはず。そうなったら杖から手を離して自力で歩き始めましょう。

 

このように、これからの高齢化社会を出来るだけ長く介護なしで健康に生きて行くためには、普段からの努力と万が一の時の医療と薬を上手く利用する賢さが必要になってくると私は考えます。

 

メンタル面で体調を崩す人

近年、メンタル面で体調を崩す人が多くなっています。うつ病で仕事を長期間休むことや、仕事をやめる人も多くなっています。
ほとんどの場合、対人関係が背景にあり、自覚してる、いないに関わらず、他人の評価や言動が根本にあるようです。

 

もう一つの原因は、仕事が忙しすぎて、燃え尽きるようにうつ病になってしまう人です。
これは精神的に過度に負担がかかり、肉体的にも休む間がなく、体が悲鳴を上げた結果といえます。膣カンジタ薬

 

症状としては、ストレスから来る不安感、不眠、無気力、物事に興味がわかないなどの状態が続きます。
不眠以外は、あまり疾病のように感じないため、どうしようもなくなってからメンタルクリニックを受診する場合もあるようです。ガンジダ薬

 

日本人は国民性から、辛抱強く、多少のことは自分の精神力のなさに起因すると考えがちなため、メンタル疾患自体が、しっかりした病気であることがあまり周知されていないのが現状です。
また、そういう人たちに対する、後ろ向きな見方もあります。美白になる方法

 

うつ病は、近年になって、その発症原理が解明されてきました。
簡単に言うと、脳内の神経伝達物質の異常により、様々な全身症状が出る疾患です。

 

つまり、考え方や精神力の問題ではなく、脳内の疾患なわけです。脳梗塞や脳腫瘍は、はっきり脳の病気ととらえられていますが、うつ病による、脳内の異常はまだそのように一般には周知されていません。

 

すぐに生命に関わったりするわけではないため、いまだに「考えが甘いから、根性がない、打たれ弱いから」といった偏見が存在しています。
メンタル的に健康な人は、本当の意味でうつ病患者の苦悩を理解するのは難しいかもしれません。

 

最近では、仮面うつ病という、精神的な症状は出ずに、身体的な症状だけ出る患者も増えています。
うつ病というと、死にたい、自分には価値がないと考えている、引きこもっている、

 

という月並みの見方がありましたが、病状は多様化しており、そうした感情がまったく出ないにも関わらず、うつ病の治療薬が効くという患者もいます。
こうした人は、不定愁訴と呼ばれる、身体の様々な不調を、とりあえずその部位に関する専門医を受診します。

 

しかし、原因が分からないため、たらいまわしになり、最後に予想外のメンタルクリニックや心療内科を受診して良くなるわけです。
多くの人が精神疾患の本当の意味を理解し、しっかりとした治療を受け、回りもそれを温かく見守るという社会が理想かもしれません。


ホーム RSS購読 サイトマップ